RO(ses)「ちょっと武将とおりますよ」マスターだった人の日記。


by noo183
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

お昼休みも終わり

さーて午後の仕事でもすっかねぇとパソコンに向き合った瞬間、
外線電話のコール音。

新人の仕事の1つとして「電話番」というのがあって、
とにかく鳴った電話は即取らなきゃいけない。
とりあえず取る。



「はい、●●社●●部です。」



「もしもし、こちら長野県警です。」



激しく嫌な予感っ( ´Д`)!



だって俺の仕事をしているフロアは、会社の7階。
普通に考えれば、フロントも介さずに7階直通の外線電話なんて
かけてくるわけがない。

となると7階にいる人に用事があるんだろうなぁ・・・・

お盆だし、ほとんどの人が休みをとっているんで、
このフロアには20人くらいしか人がいない。

20分の1=5%

まぁ95%回避か・・・・・なんてちょっとRO中毒っぽい考えが頭を過る。



「どのようなご用件でしょうか?」



「そちらに、●●さんという方はおられますか?」








やっぱ俺か━━(    ) ´゚д゚`━━ッ!



何かもう3年前の夏の悪夢が・・・・・
(*小学校のグラウンドで職務質問をされたアレ: 旧サイトの日記より)




「・・・・・ああ、●●ですね。代わりますので少々お待ちください。」






ピッ(保留ボタン)








深呼吸








ピッ(通話ボタン)





「お電話変わりました。●●です。」





1人保留→通話をしてどうするうううううううううううううううううううう!
動揺しすぎだよ!






このあとどうなったかはご想像にお任せします( ´Д`)r
[PR]
by noo183 | 2007-08-14 23:54 | 普通日記