RO(ses)「ちょっと武将とおりますよ」マスターだった人の日記。


by noo183
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

・・・・ようやく

風邪が治った。
思えば風邪を引いたのが北海道旅行中なので、今月の5日くらい。
その後治りかけたところでディズニーシーで雨に打たれ再発。
更に治りかけたところで雨に打たれながら引越しの手伝いをして再発。

久しぶりに行ったバイト先では後輩に、


「あーもう死にますね。」

「ゲホッ・・・・・お前、覚えてろゲホッ・・・・・」

「そのうちその咳の間隔がだんだん短くなっていって
オッホ・・・・オッホオッホホッホッホッホッホって笑うように死ぬんですよ。」

「俺死ぬ時皆泣いてくれるかねぇ・・・・・ゲホッ」

「泣いてくれますよ・・・・先輩はその症状で笑ってるんですけどね。」


笑えねぇ。
それにしても以前は風邪なんてすぐ治っていたのに、
ここまで手こずっているとやっぱ体が弱くなったと思ってしまうわけで。

周りからもいろいろ言われてるしな。

というわけで簡単な料理でもいいんで、
自分で作って食べるべきだという結論に達した。
ご飯炊いてる間に作れるくらいのモノなら大した苦労にはなるまい。



本日のお献立

ささみ納豆
ほうれんそうのおひたし
じゃがいもとピーマンのシャキシャキ炒め
豆腐の味噌汁



なんかご飯炊いている間どころか30分もかからない献立のはずなのに、
こうやって書いてみるとなかなか立派に見えるじゃねーか( ´Д`)・・・

ここだけ見ている人間には、
俺が小学6年生の頃の家庭科の授業参観でお手玉を作った時に、
2時間あったのに針に糸を通すだけで終わってしまったほど
不器用だとは思わないだろうなぁ。

あれは恥ずかしい思い出だった。
親に見られながら何が悲しくてひたすら針に糸を通さなきゃならんのか。



・・・まぁ、今でも似たようなものだが。



さて料理開始。
まずほうれん草のシールをはがしてっと・・・・・・・
ああなんか書いてあるなこれ

「小松菜」

・・・・・・・

( ´Д`)・・・・     「ほうれん草のおひたし」

( ´Д`)ノ       「ほうれ

( ´Д`)ノ       「

( ´Д`)ノ       「小松菜のおひたし」




・・・・・・よし!



何か切実に料理が好きな子と結婚したいと思った。
[PR]
by noo183 | 2006-09-30 01:07 | 普通日記