RO(ses)「ちょっと武将とおりますよ」マスターだった人の日記。


by noo183
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

オフレポ初日

「おートレさん今東京?」

「ディズニーでオフやってるよ。」

「俺何か今会社連休でヒマなんだ( ´∀`)・・・」


というわけで、俺の出発前に書き込んだブログの内容を見たらしく、
レッドが急きょ参加。
本当は4人でホテル予約していたのに
もるふぉすが文化祭で参加できなくなってしまったので、
ベッドの空きを埋める意味でもちょーどいい感じに。

夜に合流する約束をして電話を切る。



その後、俺はもう何か1人昼間のパレードから妙にテンションがあがって、
あがってあがってあがりまくった挙句、
絶叫系が苦手なさえこさんをスプラッシュマウンテンに乗せて
めちゃくちゃ怒らせて平謝り( ´Д`)・・・

・・・・何か高校時代に似たようなシチュエーションがあった気が。

幸い天気の方は台風が近づいていたにも係わらず晴れていたので、
アトラクションの待ち時間が長くても話していれば
それほど苦にもならなかった。
それでも120分平気で待たせるあたりはさすがディズニーだが。



以下、都合により文体がおかしくなるけど気にせずに。
(尊敬語がおかしいのはもう確かめるのもめんどいやってことで)



で、夜になってご飯前にレッド様がいらっしゃいました。
彼は端正な顔立ちで、「やはっ、みなさん」と清々しい挨拶をなさり、
初めて会った私達にも慈悲深い対応を・・・・・・

彼は我々の「おなかがすいた」という願いをお聞きになり、
財布から1枚のカードを出すと

「これで彼らに好きな食べ物を。」

とおっしゃり、
私達は暖かいご飯を好きなだけ食べることができたのです・・・・・



レッド様のおかげでおなかが一杯になった私達は、
食後にエレクトリカルパレードを見ながら楽しいひと時を過ごして
ホテルに向かうのでした。

部屋にはベッドが4つありましたが、
やはりレッド様は大きなベッドに寝ていただきたいということで、
我々は満場一致でベッドを譲ったのです。



晩飯奢ってもらったお礼にこんな文章にしてみたが、
何か北朝鮮のニュースみたいになってきた( ´Д`)・・・
[PR]
by noo183 | 2006-09-21 16:48 | 普通日記