RO(ses)「ちょっと武将とおりますよ」マスターだった人の日記。


by noo183
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

1日経っても

アゴは痛かった。
幸い、痛みも少しは引いてきたので大したことはなさそうだけど、
昨日の時点では頭蓋骨にまでジンジンした痛みが走って

1%くらいの確率で俺は明日脳出血で死ぬかもしれない。

と本気で考えたくらいだ。
バカっぽいけど、それくらいあっさり死んでしまうのが人間。
もし本当に俺がこれで死んだらどうなるのだろう。





全国のエアホッケーの台が危険だと判断されて


「アゴ注意!」


とかいうシュールな説明文が追加されるんだろうか・・・・
今の日本ならそうなってもおかしくない。

それ以前に、今現在そういう書き込みがされてないってことは、
俺はエアホッケーで死んだ全国初の人間になるのか?

「パパ、何でエアホッケーはアゴが危ないの?」

「それはね、昔1人の男の人が~~~~」

なんて死んでも死に切れない展開だ( ´Д`)・・・




いやまずそこに辿りつく前に、まずは俺の死因と
エアホッケーの関連付けがされなければいけない。




例えば俺が部屋の中で脳出血によって死んだとしよう。
カギがかかった部屋で、しかも1人暮らし。
バイトに来なければ気付くだろうから3日後くらいには発見されるはずだ。

警察は倒れている俺を見ても、死因はわからないだろうから
まずは死因調査→脳出血判明って流れになるんだろうなぁ・・・・
ここまではまるで密室殺人でも起こったかのような流れだ。

そうなると、そこで聞き込み開始か。
何が原因で脳出血が起こったか。
警察はそれを俺の後輩にも聞くはずだ。

後輩は俺がアゴを強打した事は知っているから、


「エアホッケーでアゴを強打しました。」


とか言うんだろうなぁやっぱ。
うわ超恥ずかしい。

となると当然警察の対応は・・・・・・・



d0040357_013827.jpg



絶対エアホッケーなんかで死んでたまるか。
[PR]
by noo183 | 2006-08-24 00:09 | 普通日記