RO(ses)「ちょっと武将とおりますよ」マスターだった人の日記。


by noo183
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

一昨日の夜

夏休み前の打ち上げということで
研究室のメンバー全員で、駅前の居酒屋に行った。

あらかじめ予約はしておいたわけだが、
やはり人数が多いとまとまって座るのは困難で、
結局テーブル2列に分かれる事に。

「禁煙者と喫煙者で」

誰が言ったのかはわからないが、そういうグループ分けになった。
喫煙者には肩身が狭い現在の世の中。
幼い頃から親父のタバコに悩まされてきた結果、
タバコが嫌いになってしまった俺にとっては実に都合がいい。


ということで、煙に悩まされる事なく飲み会開始。


喫煙者の方に同級生が皆行ってしまったので、
俺は後輩とひたすら話す。


俺「店員呼ぶボタンは連射するに限るな!」

後輩A「高橋名人ですね!

後輩B「16連射きた━━(    ) ´゚д゚`━━ッ !

後輩C「あれは痙攣させる事が連射のコツなんですよ!


そういえばこいつらは全員助教授が担当してるやつらだった。
まぁいい。
いいんだが、何というか会話が微妙にアレなんだ( ´Д`)・・・

俺は普通の会話が恋しくなり、
煙を我慢しながら喫煙者の方の席に移動した。



喫煙者の席では、後輩の女の子がタバコを豪快に吸っていた。
煙の吐き出し方といい、
おっさんも思わず引いてしまいそうな吸いっぷりだ。

「幻滅だ!」

と言ったら、
タバコを吸う事で社会人はつながりを作るなんたらかんたら、
喫煙所で私は知らない人となんたらかんたら、
ひたすらタバコの良さを熱く語られた上、

「先輩も吸いましょうよ~」

とか誘われる始末。
仕方ないのでタバコを一本もらい


俺「さて、火をつけてくれたまえ( ´∀`)・・・」

後輩「先輩、吸ってくれなきゃ火がつきません。」

俺「( ´∀`)・・・」


やっぱ俺はタバコを吸うべきじゃないらしい。
帰り道、そんな話を友達としていたら、

「パチンコ麻雀酒タバコは少しくらいやれなきゃダメかもなぁ。」

と、言われて妙に納得。
今度パチンコ屋に行くらしいので、俺も社会勉強ということで、
ついていくことにしよう。






・・・・・・俺はパチンコ屋に入ったものの、
玉の出し方がわからずに店をそのまま出てきた事があるくらい
チキンだからな。

1回くらい経験しておいて損はなかろう。
[PR]
by noo183 | 2006-07-27 10:52 | 普通日記