RO(ses)「ちょっと武将とおりますよ」マスターだった人の日記。


by noo183
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

いい加減日記サボってると殴られそうなので書きます( ´Д`)・・・

ワールドカップばかり見てる今日この頃。
日本代表はまぁ当然として、
他の国のサッカーを見るのも非常に面白い。

さすがに厳しい予選を勝ち抜いてきた代表達なだけあって、
どこの国も素晴らしいレベルの高さだ。

ただ、必ずしも「レベルの高さ=いい試合」になるわけではなく、
いい試合かどうかを左右するのは選手や監督の力だけではなく、
やっぱ審判の存在が大きいと思う。


公平かつ、的確なジャッジを行える事が審判には必要だな。


話は変わるが、俺は高校時代にケガをした事がある。
その間も、マネージャーみたいな存在でバレー部に参加していたわけだが、
ある日、練習試合の時に人数が足りなかったので、
ラインズマンをやった。

ボールが入ったかアウトかを判定するアレだ。

で、まぁ無難にこなしているうちに
俺の友達がサーブを打つ順番になった。
ただ、そいつはコートのラインの認識を間違っていたらしく、
実際のラインよりかなり前からサーブを打ってしまったわけで・・・

(すまん・・・)

と思いながら、俺は主審に反則の合図を送った。
なぜなら俺は公平なラインズマン。



その後、監督に
「何でラインのことを教えてやらなかったんだ!」
と、俺が怒られたのは納得いかないが・・・・

今思えば、俺には審判の才能があるのかもしれない。



ワールドカップの審判になるには厳しい試験があるらしいが、
勉強すればいつかはできるかもしれない。
将来のワールドカップで審判・・・・夢の広がる話だ。

調子にのって外を走ってみたら、すぐにバテた。
どうやら俺にはサッカーの審判はムリらしい。
(サッカー審判はめちゃくちゃ走れなければいけない)


夢のない話だ( ´Д`)・・・
[PR]
by noo183 | 2006-06-17 03:23 | 普通日記