RO(ses)「ちょっと武将とおりますよ」マスターだった人の日記。


by noo183
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

昨日の続き

3年前のある日、地元の静岡にいる母親から電話がかかってきた。
慌てていた様子なので、詳しく話を聞いてみると、

「怪しい人に電話番号を教えてしまった」とのこと。

どうやら
「~~高校(←俺の行っていた高校)の同窓会担当の者ですが、
お宅の息子さんの電話番号を連絡先として教えていただきたいのです。」
という手口にひっかかって携帯の番号を教えてしまったらしい。

その時から電話番号は変わっていないので、
情報が流出したとしたなら恐らくコレが原因なんだろう。
今の時代、別に珍しい出来事でもないな。


というわけで、青木さやかっぽい人(以後さやか)に、
こっちから電話をかけることにした。

こういう電話は放置するのがベターなんだが、
一応、家の近くまでやってこられると面倒だし、
何より地元に電話をまわされると、母親がひっかかりそうで怖いので、
今回は話し合いをする事で解決しておくことにする。

そういやセブンのヤツに、面白いという理由で、
こういう業者と電話でやりあっている人の録音データがおいてある
サイトのアドレスを教えてもらった事があった。

まさかアレが役に立つ時が来るとは。

いずれにせよ、電話を1回切っておいたのは正解だった。
冷静に考える時間があると、大分動きやすい。


思えば、
夜の学校で警察に追い掛け回されて職務質問されたり (去年の日記参照)
先輩にマルチ商法の勧誘受けたり (日記にはまだ書いてない)
俺も面倒事慣れしてきたなぁ・・・・


嬉しくねぇ( ´Д`)・・・


早速、携帯の履歴を見てさやかに電話をかけなおす。
念の為に録音しときたいとこだが、
こういう業者はマズイことは口にしないようにしているはずだ。

録音する機器に金を出すのもバカらしい。

20秒だけだが、携帯に録音機能がついているので、
場合によってはそれを利用する事にして、さぁ電話。
こんな状況が、何故かちょっと楽しく感じてしまうのが悲しい・・・・




俺「もしもし、先程電話を頂いた○○という者ですが。」

さやか「ああ、アンタね。帰ってきたの?」

俺「いえ、まだです。(←本当は既に家にいる)
遅くなりそうなので、用件を先に教えてもらえませんかね。」

さやか「それはアンタに会った時に話すわ。」

俺「悪いですが、ここで用件も言えないようなら会うつもりはないです。」

さやか「重要な用事だからここで言うような事じゃないの。わかる?」

俺「いやー、俺も忙しいんでここで言ってもらえると助かるんですよねぇ。」

さやか「ハァ?アタシも忙しいのに時間かけさせんじゃないわよ。」

俺「後ろで他の人の声も聞こえてきますよねぇ。」

俺「何の会社なんですか?」

さやか「そんなのどうだっていいでしょ。」

俺「今日俺、忙しいから学校から帰れないかもしれないんですよね。」






さやか「・・・・・・・アンタ学生なの?」






俺「学生ですけど何か?」

さやか「いや、実はこれとある社会人PRの一種なのよ。
学生には関係なかったわ。それじゃあね!」


ガチャン・・・・


学生だって事言った瞬間に、
いかにもマニュアルに載ってそうな事言って逃げやがった( ´Д`)・・・・
架空請求とは断定できなかったが、
話し方から察するとそっち系の業者なのは確実。
学生を対象にしちゃダメって法律あったっけかな・・・・・

あっさり終わった事を喜ぶべきかがっかりするべきか。

最初から最後まで失礼な口調だったこのさやかに、
何かしてやりたかったのも事実。
携帯に撃退音機能とかないか、ちょっと今度探してみるとしよう。

ここ見てる人も、こういう電話がきたりしたら
あまり真に受けて流されないように、うまく対応してくれる事を祈る。
[PR]
by noo183 | 2005-11-02 01:49 | 普通日記