RO(ses)「ちょっと武将とおりますよ」マスターだった人の日記。


by noo183
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

午後10時半

夜だというのに、突然ケータイに電話がかかってきた。
見知らぬ番号(090で始まってるとこを見るとケータイ電話)だったが、
重要な連絡かと思い通話ボタンを押してみる。

俺「もしもしー」

女「もしもしー」

相手の声を聞いてみると、どうやら30くらいの女性のようだ。
例えるなら青木さやかって感じ。
しかし、番号にも記憶がないし、この声にも記憶がない。

女「あんた○○さん?」

俺「ええ、そうですが。」

女「アンタ今家にいるの?」

俺「どちらさまですか?」

女「アンタ今家にいるの?」

俺「どちらさまですか?」

女「いやアンタ今家にいるのかって聞いているの。」

名前も名乗らない上、ひたすら家にいるかどうか一方的に聞いてくる。
しかも妙に声が威圧的。
・・・・・どう考えてもおかしい。

瞬時に2つの考えが頭に浮かぶ。

1 架空請求

2 気付かぬうちに車で事故って、この時間に車の持ち主が俺と判明。
電話がかかってきた。

しかし、この時間に電話・・・・名前も名乗らないとくると、
2番は違う気がする。






1か( ´Д`)・・・?






今、確かに俺は家にいるにはいるわけだが、
幸い相手は近くにいないようなので、ちょい時間を稼いでおく。
普段はアドリブがきかないくせに、
悲しい事に、こういう時のアドリブだけはきくらしい。



俺「いえ、今はまだ帰ってきてません。」

女「あらそう、なら帰ってきたらすぐに電話を返して頂戴。」




ガチャン・・・・・・・
一方的にきられる電話。

久しぶりに面倒事に巻き込まれそうな気がしてきたので、
とりあえずまずは周囲に電話して根回し。



俺「もしもしマスターいますか。」

マスター「おう、俺だ。どうした?」

俺「俺んとこに~~~~という電話かかってきたんで、
そっちに電話いっても俺の事スルーしといてください。」

マスター「あいよー。」



これでよし・・・・・と。
とりあえず寿司屋→俺の居場所というルートは切れた。

続きたくねーけど続くんだろうなぁ( ´Д`)
[PR]
by noo183 | 2005-11-01 22:52 | 普通日記