RO(ses)「ちょっと武将とおりますよ」マスターだった人の日記。


by noo183
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最近、

情報の重さを感じる事がある。
何となく「知りたい」という興味本位だけで突っ込んで
情報を手に入れたわけだが、
そこからその情報をどう扱えばいいのやら・・・・・・・

他人には漏らせないわ
自分1人では手に余るわ

本当にどうしようもねえ。
小学生の頃の「○○君って○○ちゃんがスキなんだよー」
ってのを教えてもらって口止めされるようなモノだな。




さて、北陸の大学院へ進学したセブンがこんな事を言ってきた。

「うちの研究室の先生、お前の助教授と古い知り合いだわ。」

何てタイミングの悪さだ。
こんな事を考えている時によぉ・・・・・


( ´Д`)・・・・・・・・・情報って重いんだよ。

( ´Д`)・・・・・・・・情報って・・・・・・・・・

( ´Д`)・・・・・じょ・・・・・・・

( ´∀`)助教授の面白い昔話教えてくだすわあああああああああい!



とれ「よし教えろ!」

セブン「あの人(助教授)大学生の頃さ、論文発表の時、
ポスター作らなきゃいけなかったらしいんよ。」

とれ「何で?」

セブン「聞く人集める為だろう。」

とれ「そのポスターを自分で作っていたのか。それで?」

セブン「そのポスター・・・・・セーラームーンの絵を描いたらしいぞ。」

とれ「( ´∀`)・・・・・」

セブン「しかも、  聞きにこなきゃおしおきよ! みたいな事まで書いて。」




( ´∀`)・・・・・

俺はこういうバカな情報なら大歓迎だ。
[PR]
by noo183 | 2005-09-11 07:27 | 普通日記