RO(ses)「ちょっと武将とおりますよ」マスターだった人の日記。


by noo183
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

「遅いな・・・・・」

時計を見ると、既に午後3時をまわっている。
約束の時間から1時間以上経過しているというのに、
まだA子からは何も連絡がない。

(俺はフラれたんだろうか・・・・?)

嫌な予感が頭をよぎるが、すぐにそれを振り払う。
A子はそんなヤツじゃない。
B男は、まるで意地でもここを動かないと主張するかのように、
勢い良くベンチに座った。




・・・・・・・・




気がつくと、スーツにいくつかのシミができている。
雨が降り始めたことにも気付かなかったようだ。
・・・・時計を見てみると既に午後6時。

B男「・・・・・」

そんなB男に駆け寄る1つの影。

A子「・・・・・・・ごめんね。急に父が倒れてっ!」

泣きながら謝るA子にB男はそっとこう言った。

B男「・・・・待つのが男って生き物さ。






今日は弁当屋で注文した弁当ができるまでの間、↑の事を考えていた。
何このストーリー。
アホじゃね?俺( ´Д`)?

しかし、ふと思ったわけだ。
俺は今まで待ったことなんかあったのかなーと。



それを考えてみた。



( ´Д`)・・・・・

( ´Д`)・・・・・・・・・・・・・・・・・

あああああああああああああああああああああああ!





ロマンシングサガ3の限定5本の大安売りに、
店の開店5時間前に並んだことがあった!

うん、それしか思い浮かばねぇ!





実に俺はダメだと思った。





コメントレス

>> ヨン・ベト
いや、意外とそういうのも捨てたものじゃないと思う。
それがダメだったらくにおくんシリーズはどうなる!

>> セブン
あの満塁で4番登場のシーンが最高だったんだがなぁ・・・・・
俺の風圧が足りなかったらしい。

(´Д`≡´Д`)これから修行するか。
[PR]
by noo183 | 2005-07-25 04:03 | 普通日記