RO(ses)「ちょっと武将とおりますよ」マスターだった人の日記。


by noo183
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

2週間ほど

放置していた閣下からのネタバトン。
いや、忘れていたわけじゃなくてネタが切れたら書こうと思っていたんだ!


今までで一番恥ずかしかった事

いきなり書けるかこんなもん━━(    ) ´゚д゚`━━ッ !
あえて言うなら今日・・・・・・・いや何でもない。
よし、何人かにはコレ話したけど、あたりさわりのないあたりを書こう。




長野に来てから約1週間。
ついにやってきた寿司屋でのバイト初日だったわけだが、
そこでイキナリ言われた言葉。

「出前の寿司できたから行ってきてー。」

おいおい、俺まだ長野来たばっかりだし
道も全然わからないよと言いたかったが、
これがどうやらこの寿司屋の常識らしい。

バイトの先輩から地図で場所を教えてもらい、
何とかだいたいの場所がわかったので車で向かう事に。

何かとてもいやな予感がしたが、実際はそういうわけでもなく、
割と遠い場所なのに、意外と簡単に目的地につくことができた。




・・・・俺ってひょっとして方向感覚優れてる?




こうなると、俺はとっても調子に乗りやすい。
帰り道は今来た道と全く違う道で帰る事にしよう!俺なら行ける!

行けるんだああああああああああああああああああああ!!!




10分後




迷いました( ´∀`)

いや・・・・長野は道が複雑でよろしくない。
決して俺の方向感覚の問題じゃあないんだ。
しかしまぁ、このままじゃ寿司屋に帰れないので道の端に車を止めて、
近くにいた人に聞いてみることにする。


とれ「すいません、~~~~~へ行きたいんですけど。」

男性「ああ、それならこの先のバーミヤン(中華料理屋)を左折して、
しばらくまっすぐいけばつきますよ。」

とれ「助かりましたー。ありがとうございます。」


これが人情に溢れる町、長野。
道もわかったことだし、早速車に乗り込んでエンジンを始動させる。

直進してくと、バーミヤンを発見。






ここを左折だっ!

ここを左折っ!

させっ!






いやー、直進してるな俺は( ´∀`)
見慣れない道だったので、本当に曲がっていいのか一瞬迷った。
親切に道を教えてくれた男性を、俺は裏切ってしまったらしい。

・・・・・・・・俺、帰れるんかな。

そんなことがふと頭をよぎる。
とりあえず、もう一度道を聞くしかない。
坂道に車を止めて、また親切な男性に道を聞く。



とれ「すいません、~~~~~~はどっちに行けば。」

男性「ああ、それならあっちだよ。」



ああ、ついに道がわかった!
俺は帰れる!
寿司屋に帰れる!

停車してある車への足取りも心なしか軽い。
ひゃっほう!
と思っていたわけだが、ないんだ。







いや、停車したはずの車が。







いやーな予感がして、坂道の下を見てみると








滑り落ちてるんだよね。車。









サイドブレーキひきわすれた━━(    ) ´゚д゚`━━ッ !

慌てて転がり落ちていく車に乗り込もうとする俺。
もちろん寿司屋の伝説の1つになってるのが悲しい。





長くなっちまったし、まぁ次にネタがなくなったら他の項目書くか。





コメントレス

>> えらそうな名前の人
いや、名前隠しても一発でわかるっての。
こんなに長い文章であげパンについてアピールしてくれてありがとう・・・

( ´∀`)・・・・・・・

( ´∀`)・・・・・・・・・リンク張っちまうぞ?

>> べと様
余る・・・・!?
余るだと・・・・・!?

俺にクール宅急便で郵送してくれ。
着払いは簡便な( ´∀`)

>> 如月さん
モリゾーに見えた時点で、あなたは既に神の領域に達しています。
俺と結婚よろしくお願いしますね。

愛はサーバーを超える。

>> 雪
コンビニで売ってるのか・・・・・貴重な情報だなそりゃ。

しっかし、今回のコメントは
妙に料理番組チックなコメントが多いな。
よだれが止まらないのは言うまでもない。
[PR]
by noo183 | 2005-07-13 22:55 | 普通日記